覚書 子どもの骨折~帰宅~

隣町に搬送され、骨折の処置を終え、長女はあまりの痛さと恐怖で

全身の力が抜け、声にならない声しか出ない状態でした。。。

「前腕が二本とも折れている。手術が必要になるかもしれない。

そうでなくてもしばらく通院が必要。だから、市内の病院何処にでも診てもらえる形で

紹介状を書いておくね」

先生の話。手術が必要な骨折って。どれだけひどく折れちゃったんだろう・・・。

迎えを呼んで到着したパパと次女。次女はとにかく、なにか大変な事がおきたんだと

察して、おりこうにパパの手をつないで長女を心配そうにみつめる。

パパに会った瞬間、私も救急車でパニックになっている娘と会ってから

胸が締め付けられ続けた時間から少し解放されて、

全身の力が抜けた。。。

「帰ろう、おうちに帰ろう」

パパの言葉で、長女も少しだけ、ほんの少しだけ元気になったように見えた。

痛々しい長女をゆっくり車にのせて帰路に着いた時涙が止まらなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。