覚書 子どもの骨折~手術終了~

17時半頃終了予定の手術。

それに合わせて、一旦家に戻り私も入院で付き添う準備をします。

パパや妹、母も一緒に病院に戻りましたが、小児病棟の入院の為に、妹は立ち入れないとの事。

病院にいても、不安になるだけなので、パパと母に連れてもらって夜ごはんを食べて家に帰ってもらう事にしました。

予定の時間から30分程して、18時過ぎ手術が終わって麻酔をさましているので、

先生からお話がありますと、声がかかり個室に呼ばれました。

「折れた腕の骨、手首から1本、ひじから1本ワイヤーを入れてギブス固定しました。

骨折のずれがひどく、一番ひどい部分にワイヤーが通らなかったので、

やむを得ず3cmほど切開してワイヤーを通しています。

何もなければ明日退院です」

ひどかったんだ、でも。とにかく無事に終わって良かった。

 

看護師さんから娘を迎えに行きましょうと声がかかり、オペ室に向かった。

パニックのまま私と一緒に手術に向かった娘を気遣い、立ち入れるところの一番近くで待たせてもらいました。

 

手術室から出てきた長女。まだ意識が朦朧としているから、すぐに寝てしまう。

「ママすっと一緒にいたの?」

それだけ不安そうに聞いてきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。