覚書 子どもの骨折~骨折から二日目 市内の病院受診~

3時から7時。ぴったり4時間の痛み止めが切れて娘は起きてきた。

少しまとめて寝れたせいか、きのうよりは、少し落ち着いているようだ。

市内の病院を受診するにあたって、数件ある病院から選ぶことも難しかった。

教えてもらった病院2件のうち、手術があるかもしれない事を考えて

市内の大きな病院を受診することに決めた。

 

診察は9時から。パパが朝一番に順番を取りに行き、診断書を出して受付を済ませた。

それでも、初診の為、1時間ほど待った。待っている間も痛みがひどく、受付の方に確認して、

きのう処方してもらった痛み止めを飲ませて待っていた。

 

診察の順番がきた。

折れ方がひどい事。一日経過して曲がってくっついてしまうとまずい事。

オペ室が空き次第の手術と言われました。

「手術」という言葉に、娘がおびえはじめます。

全身麻酔の手術になるため、午前中に検査に回ることとなりました。

採血、手術の為の点滴の管を刺す為にまず小児科に行きます。

名前が呼ばれると、娘が恐怖で暴れ出します。

看護師さんが優しく声をかけてくれますが、きのうの転倒から痛い事・怖い事の連続だった為に

怖くて怖くて怖くて。

「痛い事はしないでーーーー。」

赤ちゃんのように泣き叫ぶ声が部屋から聞こえてきて、さすがにパパも涙を流していた。

心電図、レントゲン、尿検査、血液検査など午前中になんとか検査を終えて、

入院、手術の説明を受けた。

 

病気ではないし、たんなる骨折なんです。

でも、我が子が痛み苦しみおびえる姿を見続けていると、

変わってあげたい。もうやめて。そんな気持ちで胸が苦しくなるだけだった。

パパの涙もきっと同じ気持ちだったんだろうな。

しっかり 支えてあげようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。