覚書 子どもの骨折~術後3日目~

夜ぐっすりまとめて寝る事ができたこともあり、

この日は、ビックリするくらいの回復力で日中もばぁばや心配で駆けつけてくれたじいじと一緒に

トランプをしたり、DVDを見たり、元気に過ごしました。

学校から聞こえてくる休み時間の声も気になるようです。

痛みも、たまに襲ってくるくらいにまで回復しました。

 

しかし、ギブス姿が現実を突き付けるのか、一歩も外に出ようとしない。

病院では、今日からでも学校に行っていいよ!と言われています。

まだ、無理そうではありますが、ずっと家に引きこもりもよくないのかな。。

「クリーニング屋さん行こうか?」と誘うと、顔がこわばり「行かない」と目も合わせずに答えるのでした。

気持ちがふさぎ込んでしまっているな。まいったなぁ。。。

 

クラブのコーチもお見舞いに来てくれましたが、玄関に出る事ができません。

「心配して来て下さったから、元気になってきたよ。って教えてあげようね、今度お会いできるときはきちんとお見舞いのお礼も言おうね。」

コーチが帰られてから娘に話すと、

「わかってる。わかってるけど、今はできなかった。」

分かったよ。分かったよ。まだしんどいよね、ちゃんと分かってるね。きっとコーチの気持ちもね。

分かってるなら大丈夫。大丈夫。

娘の気持ちが少しずつ開けるのを、引き出してあげるお手伝いだけはしっかりしながら、待つ事にしました。

 

夕方、仲良しの友達が連絡帳を届けに来てくれました。

すると、玄関に出てきていつものようにお話しています(^-^*)

心配してくれるお友達、何でも話せる幼稚園からの仲良し。

心配かけまいと 全然大丈夫♫なぁんて話す娘。

しばらく二人でおしゃべりしている光景がうれしくて、お友達にありがとうだけ伝え、私は家の中に入りました。

 

連絡帳にはクラスのみんなからのメッセージ♡

一生懸命書いてくれた何ページにもわたるメッセージに感動しました。

娘もうれしそうに、何度も何度も読み返し、笑顔がこぼれていました。

 

夕方、おさんぽ行こうか?と話すと、黙ってうなずきました。

家から3分程で着く娘の通う小学校。家から校庭が見えるほど近いのですが(笑)

学校にお散歩に行きました。

日曜の朝から痛がる娘を見続けてきたので、

こうやって手をつないで、なんでもない話をしてお散歩する時間が

とても心地よく、とてもほっとした時間でした。

少しずつ学校にも気持ちが向いてきたかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。