覚書 子どもの骨折~術後2日目~

朝方少しまとめて眠る事が出来た娘。

痛がり方が不安で、パパも同じ気持ちで、病院に電話で聞いてみた。

とても親切に対応して下さり、術後1日しかまだ立っていないので、おそらく術後の痛みだろうと言われました。

痛みはかなりあると思うので鎮痛剤と痛む部分を冷やす事、これで様子を見て

あまりにもひどかったら外来で受診するように指示をいただきました。

術後のいたみだろうという回答をもらえただけで、

私もパパも少し不安が解消され、この痛みは日に日にそして、朝より昼、昼より夜とよくなっていく

傷の痛みなんだと思える事で娘を励ます力がさらに湧いて出てきました。

痛み止めも効くのか、午後から少し痛がる事が減ってきた。

この日は、学校のクラスの仲良しのお友達がお見舞いに来てくれた。

ギブス姿の自分がイヤで、玄関に出ていくのをためらう娘。

でも、お友達の声にひかれるようにしてとぼとぼ玄関に出てきた。

「ありがと」

小さい声ながらも、うれしそうな表情とお友達から分けてもらったパワーで

一瞬にして元気になる娘を感じました。

 

夕方お友達のママもお見舞いに来てくれましたが、やはりギブス姿がいやで、

玄関には出てこれませんでした。

気持ちの面でも 相当まいっているな…と思いました。

しっかり 元気をおくってあげなきゃね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。