忍さんバースデーケーキ作りの工程をご紹介します♪

娘の大好きなチーズケーキ♡

私の中でチーズケーキは二つに分類しています。

 

メレンゲを立てて「しゅわっ♪しとっ♪」」という食感のもの

メレンゲをつぶさないように混ぜ込むトコロがポイントとなります。

しっとり優しい味に仕上がります!

 

◆メレンゲは立てずに「なめらか♪濃厚♪」というもの。

作業工程がとても簡単で初心者の方にもおすすめです。

濃厚なだけで味がくどくならないような材料の配合が必要かと思います。

それぞれのご家庭の好みに配合できるのが楽しくてオリジナリティーあふれるケーキとなります♪

 

今回はなめらかで濃厚な方にしました。あまりくどい味やたっぷりの生クリームが好きではない長女の好みに合わせて、クリームチーズ、マスカルポーネチーズ、プレーンヨーグルト、生クリームを程よく配合しました!

レモン果汁も少し多めに入れて、仕上げに塗るアプリコットジャムの中にもレモン果汁を少し混ぜ込んだので、濃厚でありながら、なめらかでくどくなく、さっぱりいただける仕上がりにできますよ(*^-^*)

メレンゲも生クリームも立てないので、作業工程も難しいところがなくて作りやすいチーズケーキです♡

 




デコチョコは、OPP袋に作りたいデザインのイラストを入れて、アウトラインは爪楊枝で板チョコとデコペンの黒を混ぜ合わせたものを使用して描きました。

デコペンのチョコは速乾性があり、固いので少し扱いずらい面があります。なので、アウトラインも、黒のデコペンだけを使用せず、スイートチョコレート(板チョコでOK!)を少し混ぜ込んで使いやすい硬さにしてから使った方が上手に線が引けます。アウトラインの線の雰囲気一つでデコチョコがPOPに仕上がったり、繊細に仕上がったりと仕上がりが違ってくるので用途に合わせてアウトライン用のチョコレートを調合してみてください!はいっ ここポイントです♪(笑)

 

アウトラインができました!

 

冷え固まってから、デコペンの色味を混ぜ合わせながら色を重ねていけばキャラクターチョコが出来上がります♡ここでもスイートチョコをうまく混ぜ込んで色味を柔らかくしたり、原色の雰囲気で元気な感じにしたり変化が楽しめます。

 

忍さんの「紫」は、デコペンだけでは表現しずらかったので、紫に黒、スイートチョコレートの茶色を混ぜて髪の毛や服は塗りました。黒い髪の毛の部分にもホワイトチョコ・紫デコペン・黒デコペンを混ぜて真っ黒にしないこと。これでどぎつさが解消されます。

顔はオレンジデコペンに板チョコのホワイト、あとはここにも少し紫とピンクを入れました!

色を重ねていき冷凍庫でがっちり固めたものをひっくり返すと…

忍さん完成~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

長女も喜んでくれて♡あのニコニコ顔を見れる瞬間がたまらなくてやめられません。ケーキ作り♪

 

ハッピーバースデー(⋈◍>◡<◍)。✧♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。